まぶたがくぼむ原因は何?

 

目元の皮ふが減る、「皮膚痩せ」が原因です。

 

まぶただけでなく、↑↑の画像のように、涙袋の下にも皮膚がたるんでしまい、目袋ができてしまいます。

 

皮ふが薄くなることでハリが失われ、支えきれず、タルタルになってしまんですね。

 

まるで、ケーキのスポンジがスカスカになっているような状態なわけです。

 

美白ではNG

 

アンチエイジングコスメは星の数ほどありますが、目元の皮ふのタルタルにはハッキリ言って効果がありません。

 

20代〜30代くらいの若い方が、うっすら出てきたまぶたの線やクマに対しては有効です。

 

皮ふの厚みもまだ絶望的に減っていませんから。

 

でも、40代となると、くぼみの立体感に美白ケアでは追いつけません。

 

アイシャドウの色選びすら四苦八苦するのですから。。。

 

ヒアルロン酸注射は財布にも皮ふにも悪い!

美魔女の代名詞?とも言うべきヒアルロン酸注射。

 

目元をふっくらできるなら・・・と、ついついクレジットカードに手を伸ばそうとしがちですが、実は値段だけの問題ではないのです。
でもヒアルロン酸の注射はまず財布が許さないし、調べてみたら意外とヤバいみたい。。。



意外と知らない、ヒアルロン酸注射のデメリットです。

 

継続すればするほど、短期的な美は得られても、40代後半からの美は一気に失われるリスクもまたはらんでいるのです。

 

美白ケアと同じコスパで、ヒアルロン酸と同じ効果を。

 

そんな欲張りなオトナ女子の願いを汲み取った商品があります。

 

美白などの「ごまかす」ものではありません。

 

医学雑誌に掲載された独自のコラーゲン成分で目元の皮ふを自然なふっくら度合いに戻せるのです。

 

かといってヒアルロン酸注射のような、社員1人分の給料みたいな金額は要らず、長期的なデメリットもありません。

 

まぶたのくぼみの違和感を治すなら

 

まぶたの違和感は目元年齢のサイン。

 

子育ても落ち着いてきて、いよいよセカンドライフというところに、目元の違和感なんてもってのほか。

 

オトナ女子の印象を大きく左右するパーツには、早めの対策を講じてみて。