手のひらでミキシングし、パウダーをパフにしっかり含ませる。

フェイスパウダーの選び方と使い方にもポイントがあります。

 

まず選び方です。

 

フェイスパウダーは、細かい粒子で水や汗に強く、つけ心地がサラリとしたものを選びます。

 

水の中に入れたときに浮いてくるのが特徴です撃が細かいことも大切。

 

パフは大きめで、コットン100%のものをおすすめします。

 

次に使い方。

 

パフにパウダーをつけて,そのまま顔の上でポンポンとはたき、最後にブラシで払うーーー。

 

そんな使い方をしている人が多いのではないでしょうか。

 

でもこのやり方,はっきり言って間違いです。

 

これだと、パウダーが均等につきませんし、肌に密着しませんその結果、アイメイクがくずれやすくなってしまいます。

 

私流アイメイクでは,パウダーの使い方にちょっとしたテクニックがあります。

 

このやり方をきちんと実行すれば、汗による化粧くずれがぐんと改善されますよ。

 

まず、パフにパウダーをとったら、そのまま肌につけず、手のひらにパフをこすりつけるようにして、パウダーをパフに含ませます。

 

この作業を私たちは「ミキシングする」と呼んでいます。

 

混ぜるというか、こねるというリズミカルにパフを動かしながら、キュッキュッと何度も手のひらに押しつけるイメージです。

 

こうすることでパウダーの粒子が細かくなってパフの繊維の中に入り込みますきちんとミキシングしてから肌にパウダーをつけます。